gifujirushilogo

RSS widget
富士精密株式会社

富士精密株式会社

interview工場長 神尾隆一郎

 岐阜県中津川市にある富士精密は真鍮、アルミの熱間鍛造・切削加工を行うメーカーです。 鍛造する事で組織が緻密になり巣漏れ(気泡)が無くなり強度が増すために、圧力がかかる部分などに対して鍛造した物は適しています。また真鍮は切削加工がしやすく、精度を出すのにも適しています。市場で目にするときはほぼ真鍮の表面にメッキ加工されたものになりますが、富士精密ではガスボンベのバルブ、車のエアコン部品、機械のホースの継手、水・ガスに使われる配管の継手など、生活の中に密着している製品の基を製造しています。

金型から製品外観・出荷管理までの一貫生産

 鍛造の基となる重要な金型製作は自社でデータ作成して調整して製作されています。 量産するのに効率的な金型設計を自社で行う事で、コストを落としつつ精度の高い鍛造品が製作出来るように工夫がされています。また大量の切削加工は水車型加工機を用いる事で加工時間の短縮にもつながっています。 鍛造が終わった後の表面処理も綺麗にされています。ピカピカの酸洗(薬品を使った化学研磨)状態も、梨地の様なショットブラスト(細かなステンレスの玉をぶつけて加工)をかけた状態も管理が届いた表面処理を行う事で、例えメッキが表面にかからなくても、鍛造品として人の目に触れられる技術があり、こだわりをもって取り組まれています。

使用者参加型の商品「たてて」

 「たてて」の商品開発の始まりは、市場で使用されている部品の一部として鍛造した物を製造されている中で「完成品の真鍮鍛造品を作りたい!」という思いからでした。知り合いのデザイナーさんと、現場の人を集めて今までと違う物を創ろうと動き始めます。今までやって来た事と比べ異質な物でしたが、自分たちが考案した新たな鍛造製品を個々の人々に見てもらいたいという思いが商品開発へと進んでいきます。

“小さいけど重い”、“湿気で変色する味わい”という鍛造された真鍮の特徴を活かして、たどり着いたコンセプトは「そこに何かをたてて」という使用者参加型を想定したもの。購入した人が、「こういうのをたててみました。」という体験を、SNSを活用して今の時代にあった発信の仕方が出来るようにしたいという思いがつまっています。例えば「傘立て」と言ってしまうと、傘しか立てない。「お香立て」だとお香しか立てない。購入した方が何をたてようか…と考えて頂くのも狙いです。 形状は鉱石のような、富士山のような形状をしています。磨いてピカピカにしたり、真鍮の変色の味わいを出してみたりしてもいい。“小さいけど重い”そこに消費者の想像力が生まれ、ユーザー同士がつながっていくような素敵な商品です。

「たてて」http://ju-ko.tumblr.com/stocklist/

[ 2014.01 ]

会社ロゴ

富士精密株式会社

509-9132
岐阜県中津川市茄子川中垣外1642-147
0573-68-7373
http://www.fujiseimitsu.com

 
マルタ工業
マルタ工業
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
南窯
南窯
丸直製陶所
丸直製陶所
蔵珍窯
蔵珍窯
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
南窯
南窯
丸直製陶所
丸直製陶所
小田
小田
いぶき
いぶき
カネ定製陶
カネ定製陶
山只
山只
郡上割り箸
郡上割り箸

PAGE TOP