gifujirushilogo

RSS widget
brightone

飛騨フォレスト株式会社

interview代表取締役 今井康徳

 岐阜県下呂市にある飛騨フォレストは創業15年。ひのきを丸太の状態から加工しチップ状にして縫い合わせ畳床(畳の中の芯材)を製造しているメーカーです。今日ではひのきの畳床を生かし、ひのき畳ベッドを企画から販売まで行われているメーカーです。

NOとは言わない

 「住む場所、家族の人数、寝方は人それぞれなのでお客さんからの要望はミリ単位で答えますよ。」と今井氏。ひのき畳から、ベッドフレームまで社内で作製出来るのでミリ単位の対応が可能になるわけです。幅、奥行、高さなど要望に応じて答えてくれます。また最近ではベッドを作る技術を生かして収納家具や、ベンチなども作製されています。 頼まれた事に対してNOと言わないのが今井氏のポリシー。一回やってみる。そこから答えを出していくスタンスが、新たな商品づくりに繋がっています。

ひのき畳の特徴

 ひのきの持つ、森林浴効果、防虫効果、調湿効果、断熱効果、耐久性などに着目して生み出されたひのき畳。「さまざまな実証試験を行い、健康住宅実現に自信をもっておすすめ出来ます。」と今井氏。東濃ひのき、木曽ひのきといった国産材を使用していますので材料の出処もはっきりしていますし、丸太の状態からチップ状にして縫い合わせするまでを社内ですべて行い、接着剤や有害物質を使用していないので人に優しく安心して使っていただけます。 また古くなったひのき畳を焼却処分してもダイオキシンなどの有害物質は発生しませんので自然にも、地球にも優しい畳なのです。

ひのき畳ベッドストーリー

 前職はデザインの仕事をされていた今井氏。今日は畳で生活するという環境が減ってきている中で「ひのき畳の良さを現代の生活に合わせた形で提案できないか」と考え取り組んだのがひのき畳ベッドの始まりでした。思考錯誤で作ったひのきベッドを自分で作成したホームページに載せてみたところ徐々に注文が入るようになり今に至ります。 ひのき畳の品質が良いのはもちろんですが、ベッドのフレームもデザイナーと一緒に取り組んで様々なスタイルのひのき畳ベッドを作られています。フレームの素材もひのきの他に8種類と好みや空間に合わせて選ぶ事が出来ます。 ひのき畳ベッドはひのき畳とすのこの2重構造で通気性もよく、ほどよい弾力ある硬さが体を支えてくれます。天気のいい日にはお布団を外に干して、ひのき畳の上でゴロンと寝転んだり、お昼寝してみたり、あぐらをかいてみたり。近くにテーブルを設置すればそこで仕事や、勉強も出来たりと、日本人の新たな生活の形として多様性のあるベッドとして住空間に溶け込みます。

[ 2014.01 ]

飛騨フォレスト株式会社

509-2505
岐阜県下呂市萩原町古関248-2
0576-52-4460
http://www.hida-f.co.jp

 
角鍬商店
角鍬商店
ブライトーン
ブライトーン
若林製菓
若林製菓"
ツカダ
然
然
志津刃物製作所
志津刃物製作所
郡上割り箸
郡上割り箸
ウッドペッカー
ウッドペッカー
義春刃物
義春刃物
小田陶器
小田陶器
丸直製陶所
丸直製陶所

PAGE TOP