gifujirushilogo

RSS widget
西田木工所

西田木工所

interview西田恵一

 岐阜県高山市にある西田木工所は、飛騨春慶塗の木地づくりをされています。昔からモノづくりが好きだった西田氏は高校を卒業してから家業を継がれ3代目になります。ひたむきに働いた功績が認められ、現在は伝統工芸師に認定されています。お弁当箱、お盆、トレイを中心に、伝統を継承しつつ、時代とともに変化していくニーズにこたえながら新たな木地づくりに挑戦されています。

木材と語り合いながらつくる

 飛騨春慶塗は木目の美しさを活かすところが特徴的で、木地師(きじし)と塗師(ぬし)と言われる職人の丁寧な手作業をかさねて生み出されます。木地師である西田氏は、材料となる杉や檜の仕入れから、様々な技法を使い形に仕上げるまでを行います。 木材を選定する時も、節が入っていないか、長さ、幅は木地に適しているかを見分け、2年以上天然乾燥させて木材の動きを安定させてから使用します。 「木材が生きてきた歴史に恥じない物に仕立てないといけない」と木材への敬意をもってつくられています。中でも曲げ物を得意とされているのですが、製材して薄くした木材をお湯に浸して、しばらくしてから特性の曲げ治具を使い手で曲げていき、挟んで固定して乾燥させる事で形状を安定させていきます。「同じ厚みでも硬さや、粘りが違うので1つ1つを感覚で確認しながらやらないと割れてしまうので、木と語り合いながらやりますね。」と西田氏。

 くるりと曲げられた合わせの部分には、重なった部分に厚みが出ないように、斜めにカンナによる手作業で繊細な加工が施されていますので、一見どこで繋げてあるのかがわからないほど美しい表情に仕上がっています。重なった部分をとめるのは、金具ではなく山桜の皮を薄くしたものを使います。「ちょっと穴をあけさせて下さいね。」という優しい気持ちで曲げられた木に刃物で綴目をあけて、山桜の皮で固定していきます。その後、曲げ材の溝に底板を嵌め込んでいきますが、隙間にならないようにカンナで微調整して嵌め込まれ完成します。

細かい加工、細かく対応

 作業場を見渡すと、使いやすいように改良された道具がちらほら。木工の中でも繊細な加工が必要になる木地づくり。薄い木材に刃物を通したり、溝を切ったりするのは間違えると割れたり、加工出来なかったりするわけです。そこを絶妙な調整、刃物の厚み、手の感覚などを駆使して仕上げていくわけです。そうして磨かれた数々の技は木を熟知しているからこそ出来ることです。お客さんの要望が1つでも、サイズが違っても臨機応変に対応してもらえます。

[ 2013.10 ]

西田木工所

506-0851
岐阜県高山市大新町2丁目198番地
0577-32-4627

 
ブライトーン
義春刃物
woodpecker
woodpecker
ツカダ
郡上割り箸
義春刃物
然
然
富士精密
富士精密
プロスパー
プロスパー
マルタ工業
マルタ工業
郡上割り箸
郡上割り箸
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
蔵珍窯
蔵珍窯

PAGE TOP