gifujirushilogo

RSS widget
woodpecker

woodpecker

interview代表 福井賢治

 祖父の代から続く木地職人(みこし・仏壇の製造)の家系で育った事もあり子供の頃から木の魅力を感じて育った福井氏。家具製作、神仏具製造の職を経て、2008年から「木のある暮らしの心地よさ」を提案する為にwoodpeckerを立ち上げられました。

woodpeckerストーリー

 神仏具の製造をしながら、なにか日常生活で使える木の道具はないか、感覚を大切にする日本人にダイレクトに伝えられる木の道具はないかと探していた福井氏。 そんな時に奥様から頼まれて製作した、いちょうの木を使ったまな板がきっかけになります。「柔らかい木だから包丁で切るときに使い心地が良かったよ。」と奥様からの意見をもとに、「奥さんが使って良い物なんだから、皆にも広めたい!」と早速岐阜で開かれたクラフト展に出展。すると持って行ったいちょうの木のまな板が好評で売れたわけです。「ならば都会にも行かねば!」と東京でも出展。これまた反応があり、その後もっと多くの人に知ってもらい使って頂く為にはと思い、いろんなショップをまな板片手に周り続け、良さを伝えていくうちに置いてもらえるようになり今に至ります。

 現在は受注が増えた事もあり、仲間の木工所に依頼しての製作がメインとなっていますが、検品などはすべて福井氏が行い発送しています。商品の企画、試作品作製までは福井氏と奥様の協同作業。作業場を覗かせてもらうと、足でペダルを踏んで早さを調整する糸鋸が!「速さを自分の感覚で調整出来るから、細かい部分なんかは使い慣れたこれがいいんです。」と手馴れた手つきで試作を作られているのが印象的でした。今日もここから心地のよい木の道具が生み出されています。

いちょうの木のまな板

 woodpeckerのいちょうの木のまな板は、国産の1枚板から作られ木材としてのくるいもなく、何よりいちょうのキメ細かい木目がなくなんとも美しく優しい表情。いちょうの木の優しい表情を生かしたフォルムも特徴的で、キッチンの壁に掛けたり、立てて置いておいても絵になります。「気軽に料理を楽しんでほしいって気持ちから自然に出来たフォルムなんです。」と福井氏。いちょうの木は柔らかく刃あたりが優しい、弾力性があり包丁の切り跡も自然に復元、水はけが良い、などの特徴をもっています。また、使い続ける中で、切り傷や黒ずみが気になってきた場合でも、かんなで削り直しをしてくれるので、末永く使い続ける事ができます。 日常の料理の時間を楽しくしてくれる逸品です。 まな板を含め、他の商品もホームページで販売されているので是非見て下さい。

[ 2013.12 ]

会社ロゴ

woodpecker

501-0431
岐阜県本巣郡北方町北方1502-2
090-4196-6038
http://www.hello-woodpecker.com

 
志津刃物製作所
志津刃物製作所
然
然
プロスパー
プロスパー"
マルタ工業
マルタ工業
富士精密
富士精密
義春刃物
義春刃物
蔵珍窯
蔵珍窯
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所

PAGE TOP