gifujirushilogo

RSS widget
義春刃物株式会社

義春刃物株式会社

interview代表取締役社長 田中彰

 岐阜県関市にある義春刃物は、約100年前に京都で鍛冶屋として創業後、関市に工場を移転させ、彫刻刀、切出しナイフ、ハサミを中心に刃物を製作されています。最高の切れ味と信頼、安全性にも考慮した商品は高く評価されています。

彫刻刀と新たな価値観

 誰でも1度はお世話になっている彫刻刀。学童用から専門家の使う物まで、先端に付いた様々な形状の刃の製作から柄に取り付けるまでを行い、刃は鋼と地金を合わせた構造で研いだ時に鋼部分が刃先になる物を得意とされ、切れ味の良い彫刻刀を製作しています。工場内を見せていただくと、まず金属の板から刃となる部分をプレスで打抜くところから始まり、強度を出すための焼き付け作業、その後形状を大まかに加工し、最後の刃付け作業はニッパーのようなもので刃をつかみ、グルグル回るサンダーにあてがいながら1つ1つ職人の手で付けられます。「手作業でやるところに、メーカーとしてのこだわりがあります。」と田中氏。

 今日では子供の使用する彫刻刀に新たな価値観が生まれ、昔は学校から支給されていた彫刻刀も、現在は数ある商品の中からユーザーが選んで買うというスタンスになってきています。チラシを見せて頂くと、キャラクターのパッケージであったり、柄が樹脂でキラキラしていたり、刃先にカバーが付いて安全性を強調した物だったりと、パッケージや持ち手などの部分に価値観が移ってきています。「外見は変わっても、刃物の切れ味は良くないとね。切れるからこそ無駄な力が入らずに安全なんです。」と流行りはあっても変わらぬ切れ味という本質の部分をぶらさずに作り続ける事で快適に使える彫刻刀は作られています。

ミート・ソフター

 「彫刻刀の技術を生かし今までと違うスタイルの提案は出来ないか。」という思いで取り組んだのがミート・ソフター。叩いて繊維を壊すのではなく、刃物でお肉の繊維や筋をカットする事で柔らかく食べやすくし、火が通りやすく味がしみるので美味しく頂く事が出来ます。刃先は両側のガイドピンで支えられているので下まで突き抜ける心配もありませんので刃先を傷めず隠し刃が入れられます。

[ 2013.11 ]

義春刃物株式会社

501-3829
岐阜県関市旭ヶ丘3-17
0575-23-3000
http://www.yoshiharu-hamono.com

 
然
然
マルタ工業
マルタ工業
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
南窯
南窯
丸直製陶所
丸直製陶所
蔵珍窯
蔵珍窯
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
南窯
南窯
丸直製陶所
丸直製陶所
小田
小田
いぶき
いぶき
カネ定製陶
カネ定製陶
山只
山只
郡上割り箸
郡上割り箸

PAGE TOP