gifujirushilogo

RSS widget
brightone

brightone

interview代表 石塚正己

 ブライトーンは2009年創業以来、和紙の街岐阜県美濃市で照明器具をはじめとする和紙インテリア製品の企画・製作を手がけています。 美濃和紙は古来より障子紙として使用されてきた事もあり、今日の日本の灯り文化と密接な関係があります。和紙の持つ力強さ、温かさ、豊かさに魅了され、現代の生活に合うように和紙を進化させ自由なデザイン、新しいスタイルを取り入れる事で、新たな和紙の可能性を求め挑戦し続けています。

熱収縮和紙

 ブライトーンの特徴的な技術の1つとして上げられるのが「熱収縮和紙」。熱によって縮む和紙の開発に成功し全国でもブライトーンしか作り出せない逸品です。 製法は鋼線と呼ばれる鉄で出来たシェードの枠に、熱収縮和紙を縫製や、特性の接着剤を使い貼り込んでいきます。この状態ではまだ和紙に張りはありません。その後大きなレンジのような機械に投入し、しばらくしてから出すと鋼線に張り付くように、立体的な表情をもった熱収縮和紙のシェードが出てきます。「平面に和紙を貼るだけではなく、立体的に和紙が貼れるので表現の幅が広がりますね。」と石塚氏。 白く浮遊感のあるシェードは、現代の和室や洋室にも合う表情が特徴的です。

Premium Rakusui(プレミアム落水)

 もっと幅広い分野で和紙の可能性を試してみたいと「素材を生かす事だけでなく、素材から作りたい」という思いで、取り組んだのが「Premium Rakusui」。地元の若手和紙職人と思考錯誤を繰り返し生み出した技法は、繊細な絵柄や文字も表現出来るようになりました。

コードレスLEDランタン 「Coconi」

 ブライトーンとして独自の商品を販売したいという夢をかなえるために開発したのが充電式コードレスLEDライトシステムです。「どこでも気軽に手元を照らす」そんなコンセプトからCoconiは生まれました。Coconiのガラスカバーの内側にはPremium Rakusuiを使い、木の部分から出ているタッチセンサーに触れると、優しい光が繊細な柄を浮かび上がらせます。強と弱で雰囲気にあわせて光の調整が可能で、強で6時間、弱で12時間の点灯が可能です。ひとりのときに、ふたりのあいだに。大切な時間を豊かにしてくれる逸品です。

[ 2013.11 ]

会社ロゴ

brightone(ブライトーン)

501-3744
岐阜県美濃市段町165-17(シイング内)
0575-33-0008
http://www.brightone.biz/

 
西田木工所
義春刃物
woodpecker
woodpecker
ツカダ
郡上割り箸
義春刃物
然
然
富士精密
富士精密
プロスパー
プロスパー
マルタ工業
マルタ工業
郡上割り箸
郡上割り箸
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
蔵珍窯
蔵珍窯

PAGE TOP