gifujirushilogo

RSS widget
シオン

有限会社 シオン

interview代表取締役 山田健

 岐阜県美濃市にあるシオンは1972年創業、量産型の機械部品、印刷機械の部品の製作を経て、現在は複合加工機、NC旋盤、マシニングセンターなどの機械を使い、 工作機械部品、航空機部品、印刷機械部品を中心に金属の精密加工を手掛ける会社です。

3つのこだわり

 シオンは経営方針として『人材教育のこだわり』『品質管理のこだわり』『顧客満足のこだわり』の3つのこだわりを持っています。 人材教育は山田氏の経験から、“こうなりたい”“こういう人になりたい”という気持ちからきています。この3つに至った話を山田氏の過去を踏まえて話して頂けました。 小学生の頃 弱虫だった山田氏。そんな中唯一昔からやっていた剣道が救いで、ひたすら剣道に打込み高校生の頃には大将を務めるほどの腕前に。高校最後の大会の団体戦での大将戦、自分が勝てばインターハイに行けた可能性があったその大会で負けてしまった時、周りの仲間が泣いている中なぜか自分だけは泣けなかったといいます。 会社に就職しラグビー部に入り、チームプレーという事の大切さに気づかされます。 みんなで何かを目標に頑張る事をラグビーから学びました。 就職してふと思い出したのは、小さな頃 夏休みの工作の事です。 「モノづくりは、自分でやりきる事こそ大切であり、喜びが得られる。」と強く思い、退社して家業を継ぐ決意をされました。 社員は入社後1台の機械を任せられ、最初から最後まで全部やる体制にしています。自分にまかされた責任の中で自由に作業ができる喜び 自分でやり切った誇り。ここは山田氏の剣道での経験が生かされています。

ただ会社というチームの中でいかに『個』ではなく『チーム』としてやっていくのかを考え、朝礼の際に時間をとってコミュニケーションをとることや、 日々改善活動を徹底してやっています。『個』を強めて『チーム』に活かす。そんな考えは山田氏の人生そのもの。品質管理へのこだわりも、 積み重ねてものにするノウハウはもちろんですが、プラスして人材を育成する事で品質も向上していくと考えています。顧客満足に対しても、品質は当たり前で、 それ以上のポイントをおさえて相手に提案できる事が重要と考え、コミュニケーション向上の為に、朝礼で全員が話す時間をつくるなど工夫されています。 取材させていただき「良い人格に、良い技術が宿る」という山田氏の言葉が印象的でした。

社員をつなぐ『コマ』

 チームの団結力を深める為に出場したのが、『第二回全日本製造業コマ大戦』。 最初社員は乗り気ではなかったようですが、大会出場にあたり社内で予選会を行うと、全員が本気になって試作品を持ち込んだようです。 もちろんコマを作った経験などないわけです。しかし精密加工の技術を生かしコマの研究が続きました。普段製作している物とは違い、 コマの命である先端をどのように加工し回転時間を伸ばせるか、相手とぶつかった時にでも影響を受けないかなどを、社員全員で考えて思考錯誤を重ねていった結果……日本一!つまり優勝したのです!HPにはその時の様子、工夫されたところの秘密も載っています。実際に販売もされていますので是非ご覧下さい。 技術を持つ『個』の力、社員全員の団結力がシオンの製品づくりに生かされています。

[ 2013.12 ]

会社ロゴ

有限会社 シオン

501-3784
岐阜県美濃市御手洗936-8
0575-37-2938
http://www.metalworking.jp

 
日本プレス工業
富士精密
富士精密
マルタ工業
マルタ工業
プロスパー
山田木管工業所
山田木管工業所
晋山窯
晋山窯
高橋製瓦
高橋製瓦
藤山窯
藤山窯
いぶき
いぶき
角鍬商店
角鍬商店
柿下木材工業所
柿下木材工業所
サンエイWOOD

PAGE TOP