gifujirushilogo

RSS widget
kino workshop

kino workshop

interview片岡清英/片岡紀子

 岐阜県飛騨市古川町にあるkino workshopは清英氏(kiyohide)と紀子氏(noriko)の夫婦2人名前の文字を1文字ずつとってkino workshopとして木の家具から小物までを企画から販売まで行う夫婦ユニットです。 創業前は家具メーカーに勤めながら自分達の作品作りをされていましたが、知り合いの家の家具を製作されるのをきっかけに、2006年から本格的に工房を構えて活動を開始しました。

夫婦2人3脚

 夫婦の役割は大きく分けて清英氏が見積、図面作成、出荷、木取りをされていて、紀子さんが加工、組立てを行います。2007年に住居兼工房が完成し、1階が工房で2階が住居となっています。1階の工房は家具から小物まで製作されることもあり、機械の配置が動かしやすいようになっていて作る物に適した配置に変化させて製作されています。

 取材は2階でさせて頂いたのですが、自分達で作った家具や小物に囲まれて生活をされていて一方では作り手として、また一方では使い手として実際に使用しながら皆さんにとって、使い勝手の良いものを自分達のリアルな声も含めて作られています。2階は試作品の検証の場にもなっていて、夫婦の話合いで作ろうと決めた物を、清英氏が原寸の試作品を作ってそっと置いていくようで、それを紀子氏が見てコメントしながら2人で検証して製品に仕上げていくようです。「夫婦でやってて良いのはブレないところですね。自分がズレたとしても修正してくれますしね。」と清英氏のコメントが印象的です。 あくまで暮らしの中に置くものを作っているので、そんなに物自体が主張しなくても木に存在感があるので、物だけに執着するわけではなく自分達の生活の中に落とし込んで違和感なく普段の生活に溶け込む形状と仕上げで作られています。

marusara

 取材中思わず購入したのがこの「marusara」。厚み20mmの継ぎ目のない1枚の木材から削り出された木の表情は、人に個性があるようにいろんな表情を見せてくれます。ウォールナット、くるみ、さくらの3樹種から選べて、サイズは8寸と9寸から選べます。 中央は物が落ちにくいように削られ、周囲にきかせたエッジと取りやすいように下方向に面取りされた部分が機能的かつ美しい。木目が途切れる事なく繋がっている形状が木の表情を際立てています。木は蒸気を吸ってくれたり、保温性が高いので、トーストを置いてもカリッとした食感を保てます。ピザを置いても良さそうです。

[ 2014.01 ]

会社ロゴ

kin oworkshop

509-4211
岐阜県飛騨市古川町大江490
0577-73-6212
http://www.kinoworkshop.com

 
木童工房
木童工房
柿下木材工業所
柿下木材工業所
kochi
kochi
kochi
マルタ工業
マルタ工業
丹山窯
丹山窯
志津刃物製作所
志津刃物製作所
小田陶器
小田陶器
プロスパー
プロスパー
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
ツカダ

PAGE TOP