gifujirushilogo

RSS widget
岡田防水布店

株式会社 岡田防水布店

interview大柿鞄担当 岡田智子

 岐阜県大垣市にある岡田防水布店は創業260年、デザインテント、ビニールカーテン、厚手の綿帆布などの防水布加工業を中心に家内制手工業で施工までされています。 現在は防水布加工業をしながら、伝統的な技術をもとに柿渋染の鞄や小物を企画から販売までされています。

大柿鞄の成り立ち

 大学でデザインを学びやきものの教員をされていた智子氏なのですが、2002年に自分用の鞄が欲しいと思い帆布生地に柿渋を知り合いの人に頼んで染めてもらい作ったのが大柿鞄の始まりで、現在は大垣市推奨観光土産品にも選ばれています。 後々調べてみると、江戸時代には和紙に防水効果のある柿渋染を施し合羽(かっぱ)を作っていた歴史や、店先の雨よけが帆布生地で作られていた事を知り、偶然か必然か智子氏が最初に欲しいと思って作った鞄は、歴史にそった製法と現代のニーズに合わせたデザインを融合させた形になり、多くの商品を作られています。 柿渋は青い渋柿を磨り潰して絞り、発酵させて濾過した物で、柿渋の中に含まれるタンニンには防水、防腐、防虫効果があり塗布する事で効果を発揮します。 大柿鞄の柿渋染は岐阜県の池田町で生産されている無添加の柿渋を、布に塗り天日干しをします。繰り返し塗ることで濃い色にする事が出来るので用途によって塗り分けられ、黒く染める場合は柿渋が鉄に反応する特性を生かし、鉄錆と木酢液を混ぜた物を塗る事で黒を表現します。その後石灰水に入れて色止めをして乾燥させてから1つ1つ縫製をして製品になります。洗濯機でも洗えるのでジーンズのように経年変化を楽しみながら付き合っていけるのも大柿鞄の特徴です。

エコバッグ

 柿渋と鉄の液で水玉に染めた、いっぱい入ってたためるエコバッグ。4,600円(税抜)。適切なところを掻い摘んでお客さんに提供していくのが大柿鞄のこだわり。汚れたら洗濯機で洗って、使い込むほどに味が出てくる日常使いに適したエコバッグです。

[ 2014.02 ]

会社ロゴ

岡田防水布店

503-0015
岐阜県大垣市林町3丁目77番地
0584-78-3696
http://okadabousuifuten.com

 
いぶき
いぶき
kochi
kochi
woodpecker
woodpecker
木童工房
マルタ工業
マルタ工業
丹山窯
丹山窯
志津刃物製作所
志津刃物製作所
小田陶器
小田陶器
プロスパー
プロスパー
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
ツカダ

PAGE TOP