gifujirushilogo

RSS widget
丸重製紙企業組合

丸重製紙企業組合

interview辻晃一/辻将之

 岐阜県美濃市にある丸重製紙企業組合は、昭和26年設立以来、機械抄きの和紙を製造しています。

機械抄き和紙の製造において透かしや抄き合わせの高い技術を有し、懐紙をはじめ、防虫剤の包み紙、 提灯に使用される和紙など生活の中で役に立つ和紙を多く製造しています。

機械抄き和紙

 機械で抄かれる和紙は、パルプ、楮、雁皮、三椏、麻、レーヨンなどの原料の繊維をビーターやパルパーと呼ばれる機械で細かくするという、原料の準備から始まります。 その後、原料濃度を調節しながら粘剤を混ぜて原料を水の中で均等に分散させていきます。さらに、スクリーンと呼ばれる機械を通過する事でゴミなどを除去していきます。

最後に抄紙機により紙として抄きあげられ、乾燥後にロール状に巻き取られていきます。また、紙を抄く際には、美濃和紙特有の「横ゆり」の工程があり、繊維を縦方向だけでなく横方向にも抄きあげる事で、薄くても強度のある和紙が出来上がります。

「和紙ブラザーズ」と「工場見学」

 晃一氏(兄)と将之氏(弟)は和紙に情熱を注ぐご兄弟。自らを「和紙ブラザーズ」と呼び、自社だけでなく和紙そのものの情報発信を行っていらっしゃいます。 中でも力を入れている事が工場見学。一般の方も参加可能な工場見学会を定期的に開催しています。工場見学に行くと和紙ブラザーズのご案内で、和紙の製造工程はもちろん、トイレットペーパーとティッシュペーパーの違いなど生活に馴染みのあるお話も聞く事が出来ますので皆さん是非参加してみて下さい。

“透かし”

 丸重製紙企業組合では、元々製造している「透かし懐紙」や「透かし和紙」に更に磨きをかけ、“透かし”で他社との差別化を図っています。 紙を抄く網に「型」を付けて凸部分を作り、原料の厚みに変化を付ける事で透かし模様が浮かび上がります。 透かした時の陰影の表情を豊かに表現する為に、型作りから原料配合まで様々な角度から試作を重ね、今日では鮮明で綺麗な透かし和紙の生産が実現しています。

[ 2013.09 ]

会社ロゴ

丸重製紙企業組合

501-3784
岐阜県美濃市御手洗464番地
0575-37-2329
http://www.marujyu-mino.com

 
brightone
brightone
マルタ工業
マルタ工業
kochi
kochi
kochi
中島豆腐
中島豆腐
丹山窯
丹山窯
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
丸直製陶所
丸直製陶所
蔵珍窯
蔵珍窯
厚生産業
厚生産業
ツカダ

PAGE TOP