gifujirushilogo

RSS widget
新井製材所

新井製材所

interview新井清人

 岐阜県恵那市付知町にある新井製材所は元々協同組合で製材所を営んだ後、独立されたのが昭和40年代。創業当時は戦後の復興、高度経済成長の関係で建材などに使われる檜の値段は今の10倍の値段がしていた為なかなか使用出来ない状況でした。そこで当時流通が多く比較的安価だった広葉樹のブナ、ミズメ、サクラ、ナラ材の細いものを使って何か出来る物はないかというところからブラシの柄の部分を製造したのが始まりです。当時は鉄道を掃除する物、車を洗う物、ガス台を掃除する物などに使われていました。現在では主に地元の木を使い、檜のボディーブラシの柄の部分を中心に木の小物を製造されています。

原木から小物へ

 現場を覗かせてもらうと木工所にはあまり見かけない大きな製材機と様々な厚みに製材された板が並びます。新井製材所では現在も原木を丸太の状態で仕入れて作る物に適した寸法になるように自社で製材するところから行っています。原木を見る目はもちろんの事、どういった方向から製材すれば無駄なく材料を使い切れるかなど経験から導き出し、大切な資源である木を無駄なく使い切る事ができます。なんでも冬場に現場で使うストーブ用の薪が足らなくなるほど無駄が出ないようです。 原木から製材する事で急なお願いがあった場合でも融通を効かせることが出来ます。

削り出しの加工

 製材された原木を乾燥させてからNCルーターや、ならい面取りなどを使い加工するのですが、柄の部分は複雑な形状をしている物が多く機械を駆使し、工夫しながら加工を行っています。 「ならい面取り」は複雑な形状を作るのに適した機械で、中心に専用の治具と削り出す物をセットし、回転しながら両サイドから回転する刃物で製品の外形を加工するのですが、木目を考え治具を作らないと加工する物が逆目になってしまいうまく加工出来ません。製材の段階から加工方法を考え、治具の製作も自社で行う事で美しい柄の部分は生みだされます。 現在は平成20年から中津川の木工所、デザイナー、流通の人が関わって取り組み始めたasahinekoプロジェクトで自社製品の開発にも力を入れて取り組まれています。

[ 2014.03 ]

新井製材所

508-0343
岐阜県恵那市付知町11310-2
0573-82-2566
http://www.takenet.or.jp/~k-arai/index.html

 
nokutare
nokutare
大橋量器
大橋量器
山田木管工業所
山田木管工業
山川醸造
山川醸造
kiitos
kiitos
宗山窯
宗山窯
ミサト工業
ミサト工業
長谷川刃物
長谷川刃物
八幡化成
八幡化成
清山窯
清山窯
カネアツ釉薬

PAGE TOP