gifujirushilogo

RSS widget
不動窯

不動窯

interview代表取締役社長 伊藤照明

 岐阜県土岐市駄知町にある不動窯は創業約50年。美濃焼きに代表される織部、黒織部、粉引を中心にオリジナルの暮らしの器づくりをされています。 水ゴテ製法やタタラ製法といった伝統的な製法で量産に対応しつつ、創業当初から変わらない1つ1つ丁寧につくる『手作業』の工程を大切に残し心温まる器を作られています。

手作業での量産

 今日では日本人の生活も変化し、家族の中で一緒に食事をしたり、人を招いて食事を出す機会も減ってきています。そういった中で消耗品でない焼物の器を大切にずっと使って欲しいと考える不動窯では、機械化を最低限に留め、手作業を大切に残していくことを心がけて作られています。機械で均質な物を作るのでなく「1つ1つ手作りで、少し違っても味のある物がモノづくりの基本」と伊藤氏。創業当時からその姿勢を崩さずに取り組まれています。 水ゴテ製法の後に行われる土を削る作業や、丸の皿を変形させていく作業、釉薬を丁寧にかける作業などの職人の技が入ることで器に豊かな表情が浮かびあがります。 美濃焼は日常雑器として発展してきた歴史があり、飾る器ではなく器を彩る食文化と一緒に発展してきました。食材などが盛り付けられた時に初めて完成するような、食に寄り添う器を目指し、手作業を残す事で包容力のある美しい表情に仕立てられています。

天目(てんもく)

 外側の素地の焼締めの表状と内側の鉄釉の黒い表状、無駄な要素をなくし端正なフォルムが印象的な『天目』。 外側の素地は焼締めなので手に持った時にも滑りにくく、素地の表情が日本の食卓に良く似合います。内側の深い黒は食材などを受け入れる包容力をもち、 食材のレイアウトが楽しくなります。マグカップや、ちょく(写真右手前)は飲む時に鼻まで入る大きさになっていますので、味と共に匂いも一緒に味わえる心遣いがされています。

織部(おりべ)

 桃山時代の象徴でもあった、古田織部の大胆かつ形にとらわれない自由な発想の器の精神を継承し現代の美濃焼として生まれたのが『織部』。 職人が1つ1つ手作業で作り出す、ひずんだ形状は『へうげもの』と言われ、いびつな形の中に美があるという精神を受け継いでいます。鮮やかな緑釉と美しい佇まいが食卓を彩ってくれる逸品です。

[ 2014.02 ]

不動窯

509-5401
岐阜県土岐市駄知町2457
0572-59-5228
http://www.fudogama.com

 
晋山窯
晋山窯
兼松製瓦工業
兼松製瓦工業
宗山窯
宗山窯
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
飛騨フォレスト
飛騨フォレスト
幸草紙工房
幸草紙工房
木童工房
木童工房
南窯
南窯
岐阜県オールセット
岐阜県オールセット
小田陶器
小田陶器
日本プレス

PAGE TOP