gifujirushilogo

RSS widget
nokutare

nokutare(ノクターレ)

interview塩谷英雄

 岐阜県高山市清見町にあるnokutareは1995年創業。創業当時は、家具の箱物を中心としメーカーに納める仕事をしていましたが、現在はオーダー木製家具、クラフト小物の企画、製造販売を手がけています。工房名の「ノクターレ」とは”のくたい(飛騨弁で「あったかい」の意味”と、”インヴェンターレ(イタリア語で「創り出す」の意味”を組み合わせた造語。「ぬくもりを創り出す」がコンセプトです。

地元愛を大切にした商品づくり

 飛騨高山がとにかく大好きな塩谷氏。製品をつくるのにも極力地元の木を使うことや、地元の伝統工芸で仕上げをしてもらう事にこだわりを持っています。 その取り組みの1つがクラフト小物。例えば名刺入れやiPhoneケースなどベースとなる木部分を自社で作製して、そこに高山の伝統工芸である「一位一刀彫」や「飛騨春慶塗」を施してもらう事で、現在ニーズが減りつつある伝統工芸を残していきたいという想いがあります。伝統工芸も今日のニーズに合わせて形を変えると見え方が違い、つくるストーリーを近い場所から届けていき、モノを通してコミュニケーションが生まれればいいと塩谷氏は語ります。従来の枠にとらわれない新たな価値の創出で世界に通用するプロダクトを生み出しています。 工房を見せてもらうと汎用機はもちろん、NCもあります。箱物と言われる収納家具や、スツールやベンチの脚物、テーブルなどの作製が可能です。注目したいのは大きな収納家具をつくる事が出来るのに細かな加工が得意なところ。手のひらサイズの加工は家具をつくる時とはまた違う技術が必要になります。NCを動かす時の吸引の仕方や、加工スピード、刃物の選定などが違ってきます。この両面が出来るのがnokutareの強みです。

天然木の名刺入れ(さくら)プレーン

 地元飛騨の山から伐り出した良質のヤマザクラを使った名刺入れ。全体的に柔らかな面が取られているので持った時に手触りが良くて気持ちいい。蓋を閉めた時に木目が繋がるあたりが木好きにはたまらない。開けた時に見える丸い部分は、抜けにくくする為の仕掛けです。ヤマザクラは経年変化で色がどんどん濃くなっていくので自分の生き様と共に楽しめる逸品です。樹種は他にカエデ、ウォールナットがあり、それぞれに「一位一刀彫」「飛騨春慶塗」の仕上げを用意していますのでホームページで見てみて下さい。

[ 2013.10 ]

nokutare(ノクターレ)

506-0102
岐阜県高山市清見町三日町82番地
0577-68-2104
http://www.nokutare.jp

 
サンエイWOOD
大橋量器
大橋量器
山田木管工業所
山田木管工業所
イチシマ
山本佐太郎商店
山本佐太郎商店
兼松製瓦工業
兼松製瓦工業
木童工房
木童工房
いぶき
いぶき
カネコ小兵製陶所
カネコ小兵製陶所
プロスパー
プロスパー
ブライトーン
ブライトーン
ツカダ

PAGE TOP