gifujirushilogo

RSS widget
カネコ小兵製陶所

株式会社カネコ小兵製陶所

interview代表取締役社長 伊藤克紀

 岐阜県土岐市下石町にあるカネコ小兵製陶所は大正10年創業。創業当時は仏具を生産し、昭和40~50年代には徳利の生産をしてきました。 現在は食器を中心に、使い勝手がよくて、ぬくもりがあり、一緒に暮らしているととても豊かな気分にさせてくれる「小兵」の器を企画から行っています。

生活の中から生まれる器

 カネコ小兵製陶所の特徴は日常生活の中にあるアイデアとデザイン性。なんでも伊藤氏と伊藤氏の奥様、 スタッフで思考錯誤しながら生み出されているようで、実際に試作をしてからダイニングやキッチンで使ってみる。 そこから形状や機能性、釉薬などをブラッシュアップしていく事で製品になります。日常生活で使う器をつくり手とつかい手の両方の目線で見る事で 「小兵」の器は生み出されます。 また料理好きの奥様の意見で出来たキッチンツール「小兵のキッチン(下写真)」、日本酒の味が変わったり、解ったりする盃「一献盃」など、 器だけでなくその周りにある食生活の提案をしていくことで日常の小さな幸せを食卓に届けてくれます。

 また多品種、少量(30個~)、短納期(約3週間)で生産出来ます。 成形は社外で行い、釉薬、上薬を塗って窯で焼成させ製品にするまでを行っています。釉薬や上薬の種類も多く、丁寧に1つ1つ釉薬がダマにならないように専用の道具を使い、塗られていきます。

ぎやまん陶

 カネコ小兵製陶所の顔と言ってもいい「ぎやまん陶」。「ぎやまん」は、江戸時代から明治初めにかけて用いられたガラスを意味する外来語です。ガラスと間違えるほどの光沢を持ち料理を引き立ててくれます。凹凸感のある形状は綺麗な釉薬を引き立てるのに一役かっています。凹部分に釉薬が溜まり、凸部分には釉薬が溜まりにくい特性を活かし綺麗なグラデーションを生み出しています。 日本の美意識にあう「漆ブラウン」。日本古来の藍染を表現した「茄子紺ブルー」。織部釉を現代風にアレンジした「利休グリーン」(下写真)の3種類の展開がされています。

[ 2013.10 ]

会社ロゴ

株式会社カネコ小兵製陶所

509-5202
岐阜県土岐市下石町292-1
0572-57-8168
http://www.ko-hyo.com

 
清山窯
清山窯
不動窯
不動窯
晋山窯
晋山窯
石川刃物
石川刃物
岩村醸造
岩村醸造
飛騨フォレスト
飛騨フォレスト
岐阜県オールセット
岐阜県オールセット
大橋量器
大橋量器
幸草紙工房
幸草紙工房
兼松製瓦工業
兼松製瓦工業
カネアツ釉薬

PAGE TOP