gifujirushilogo

RSS widget
長谷川刃物

長谷川刃物株式会社

interview販売webリーダー 長谷川大和

 岐阜県関市にある長谷川刃物は刃物の切削加工を行う会社として1933年に創業。戦後から鋳鉄製の鋏(ハサミ)の製造を開始し、1953年には世界初の鋳鉄製のピンキング鋏(ジグザグ鋏)の製造を行ってきました。現在は先進の技術による設備自動化を進めつつも、職人による手仕事を大切に、アイデアあふれる切れ味の良い鋏を企画から販売まで一貫して行っています。

"職人の手"が切れ味を生む

 鋏は2枚の刃が点で接していく事で切断力を生みます。鋏の本質である「切れ味」。それはどのように生み出されるのか?長谷川刃物の鋏作りは、プレスで抜かれ焼入れされたステンレスを研磨していく工程から始まります。まず峰と言われる部分の磨きを機械で行い、刃の形状を削って作り出してから手作業で研磨していきます。ここで磨きが綺麗に行われているか一度検品します。お客さんは絶対に気付かない小さな傷もここでダメならば磨き直しを行います。「自分達の品質に徹底的にこだわりをもって作りたい。」と長谷川氏。 検品された刃は社内にある射出成形機で、取手となる部分とインサート成形(金属と樹脂を一体化させる成形方法)されていきます。取手のついた2つの刃は鋲で硬すぎず、緩すぎず調度いい硬さでカシメられます。このカシメ具合で心地いい開閉が生まれます。 その後「小刃引き」という刃の咬み合わせをよくし、欠にくくする為の刃付けの工程が一丁一丁職人の手によって行われます。 最後に鋏の切れ味の肝となる「仕組」が行われます。微妙に違う刃と刃の隙間を刃先から刃元にかけて約0.2~0.3mmの均一な隙間になるように専用の道具で調整しながら職人の手で調整する事で心地良い切れ味が生まれます。 人の手だからこそ感じる事の出来る微妙な変化を、機械化せずに手作業で行う事で品質の安定した長年愛用してもらえる長谷川刃物の鋏は生み出されています。

EL-210 キッチンハサミ EL

 このキッチンハサミを手に取った瞬間に、料理をする人にはたまらない逸品だと確信! 刃の部分には食材をしっかり掴んで切り進むギザ刃。見た目もギザ刃とは思えないほど美しい仕上げです。刃元には栓抜き、クルミ割り機能があり、他にも蓋を開けやすいように挟めたり、缶の蓋を開ける時にも役立つ機能付き。取手部分も衛生面に良いエラストマー樹脂を使用しています。 一番感動したのが、キッチンでいろんな食材を切った時に付いてしまう汚れやぬめりを、手軽に洗えるように簡単に2つに分解する事が出来るのです!多機能にもかかわらずシンプルにまとまとめられたデザインなので自然と生活に溶け込んでいきます。 長谷川刃物では鋏と向き合っているからこそ生まれるアイデア商品が数々ありますのでホームページから見る事が出来ます。直接見たい方は工場見学も行っていますので是非足を運んで下さい。「こんな鋏欲しかった!」がきっとあると思います。

[ 2013.09 ]

長谷川刃物株式会社

501-3911
岐阜県関市肥田瀬3664-2
0575-22-1511
http://www.canary.jp

 
石川刃物
石川刃物
志津刃物製作所
志津刃物製作所
義春刃物
義春刃物
nokutare
nokutare
八幡化成
八幡化成
ミサト工業
ミサト工業
厚生産業
厚生産業
カネ定製陶
カネ定製陶
柿下木材工業所
柿下木材工業所
南窯
南窯
丸重製紙企業組合

PAGE TOP