gifujirushilogo

RSS widget
kiitos

kiitos

interview柴山照子

 岐阜県関市にあるkiitosは2008年創業以来、大人のシンプルな革製品を「その人らしく」「その人の暮らしに合うものを」という事を大切につくられています。

暮らしの中のモノづくり

 元々は全く違う仕事をしていた柴山さんですが、その頃からモノづくりワークショップや親子の体験セミナーなどを開催していた延長線上で、仲間と共に「ハンドメイドプロダクツ」としてレザーを始められたのがきっかけで、現在に至ります。 kiitosでは技術よりも基礎をいかに学ぶかという事を一番重要にしていて、現在も自身で開催しているレザー教室で生徒さんが使う道具と、kiitosの製作する時の道具は同じモノなのです。レザーは特別な技術ではなく、誰もが出来るモノづくりであり、基礎をしっかり身につければ誰もが自分に合わせて出来る。それが"暮らしの中のモノづくり"と柴山さんは語ります。 基本的にはオーダーを頂いてから製作を行うのですが、オーダー頂く過程で、その方の自分自身の暮らしの在り方や、自分が本当は何が欲しいのかを自身に問い直していく過程が重要だと考えておられ、その方の気持ちが不明確な時はともするとオーダーを先延ばしにしたり、時にはやめる事もあるといいます。 「相手の想いを共有できなければうまく形にできないというメンドクサイ店でもある。」と柴山さんは言いますが、それくらい相手の事を真剣に考えてモノづくりをされているということです。 当初は男性顧客が大半だったそうですが、最近はレザーの小物などどんなモノでもオーダーを頂き製作していることから女性にも持って頂けるようになっているようです。 シンプルで余計なモノがないのでお客様に応じて「マイナス」ではなく「プラス」していけることが楽しいところです。 製品はすべて手で裁断し、手縫いで縫製を行っています。革を裁断するのには専用の道具を使い一気に裁断していきます。これが簡単そうで実に難しく基礎がしっかり身についてないと出来ません。手縫いは糸と針2本を使い、一つ一つ開けられた穴に糸がしっかり交差するように縫われていくので、すり切れてしまっても縫い目がすぐにほどけてしまわない丈夫な縫い方です。同じ形状でも糸の色を変えると違う表情に見えるのが手縫いならではの特徴です。 使い手の事を何年も先まで考えてkiitosの革製品は仕立て上げられています。現在製作は柴山さんの娘さんがメインとなってされています。

ヌメのバッグ

 持ち手と本体の2色のコントラストと、手縫いされた部分の糸がポイントとなっているバッグです。革の丈夫なところを生かし、自立するので気軽に置けるのも嬉しい機能。 完成したモノを手にするというだけでなく、ゼロのところから出来上がるまでの過程を楽しんで頂けることや、レザーという性質上、出来上がった時が完成ではなく出来上がった時から育てていけることが何よりもお客様にとっての魅力です。 やわらかな形状、見た目もごつくなくて丈夫なヌメのバッグは、大人の女性が楽しめそうなバッグです。

[ 2013.12 ]

会社ロゴ

kiitos

501-3255
岐阜県関市段下126-7
0575-29-7144
http://blogs.yahoo.co.jp/g_kiitos
http://blogs.yahoo.co.jp/g_kiitos_swing

 
kochi
kochi
丹山窯
丹山窯
nokutare
nokutare
山川醸造
山川醸造
幸草紙工房
幸草紙工房
宗山窯
宗山窯
ミサト工業
ミサト工業
長谷川刃物
長谷川刃物
八幡化成
八幡化成
清山窯
清山窯
板津刃物

PAGE TOP