gifujirushilogo

RSS widget
板津刃物株式会社

板津刃物株式会社

interview代表取締役 板津邦明

 岐阜県関市にある板津刃物は昭和40年創業以来、業務用の包丁、主にプロ向けの洋包丁の生産を行っています。

プロ仕様の包丁づくり

 現在は月に5000本ほどの生産を行っている板津刃物。何種類もある洋包丁も時代の変化とともに変わる物なのかどうか伺うと、「時代に合わせて材料を変更する事はあっても、形状は昔ながらの形状をつくり続けていますね。」と板津氏。何十年も変わらない形にはどんな理由があるのか、製造現場を見せていただきました。 プロが使用する包丁は家庭用よりも長時間使用する為、強度が必要になってきます。 その強度を維持する為にも極力社内で管理できる体制をとられており、焼入れの段階から自社で行っています。焼入れとは包丁を真っ赤になるまで高温に熱した後に油の中に入れて急激に冷却することで、包丁を硬く丈夫にする為に欠かせない工程です。その工程を自社で行い管理する事で安定した品質を維持する事が出来ます。機械的にするのではなく一本一本目で確かめながら焼入れするのも特徴的で長年の経験が必要な作業です。

 形状は柄の先端まで金属が通っているので抜ける心配がなく、刃と柄を固定する鋲も3箇所ありしっかり固定でき安心して使用出来ます。また刃の根元部分にステンレス製のツバをつける事で曲がりにくいように見た目にも綺麗な補強がされているのも特徴的です。 昔ながらの形は"強度を備える"という機能から生み出されている形のようです。 焼入れ、研磨、柄付け、刃付けを自社で責任をもって行う事で、切れ味のよい丈夫な板津刃物の包丁はつくられています。

 長く使う包丁は、年月を重ねるにつれて愛着がわくもの。板津刃物ではレーザーで焼印をつける事が出来ます。包丁にお店の名前を入れてもいいですし、自分の名前を入れてもいい。一枚から対応可能ですので、贈り物としても活用する事が出来ます。

[ 2013.11 ]

板津刃物株式会社

501-3824
岐阜県関市東新町3-928-1
0575-22-0733

 
長谷川刃物
長谷川刃物
石川刃物
石川刃物
志津刃物製作所
志津刃物製作所
山川醸造
山川醸造
幸草紙工房
幸草紙工房
平塚香貴園
平塚香貴園
ミサト工業
ミサト工業
長谷川刃物
長谷川刃物
八幡化成
八幡化成
清山窯
清山窯
板津刃物

PAGE TOP