gifujirushilogo

RSS widget

セミナー


セミナー

作り手育成セミナー vol.3
『作り手・売り手(流通)それぞれの役割』
      ~作り続ける事と売り続ける事~

作り手育成セミナー第3回となる今回は、第1回クリエーター分野、第2回メーカー分野に続き、売り手(流通)の分野から、㈱フォームレディ代表取締役・竹原 美己氏にお話を伺います。
○どうして市場に受け入れられる製品にならないのか? 消費者が選びたいと思うモノづくりとは?
○実例を写真を見ながら分かりやすく解説。現行のプロダクトの進行から現状・これからについて
 第一部「作り手・売り手(流通)それぞれの役割」~作り続ける事と売り続ける事~をテーマに、デザイナー小泉誠氏、村澤一晃氏とのasahineko(アサヒネコ・中津川北地域の活性化を図り地元の木工業者が集まって立ち上げられたプロジェクト)をはじめとした、メーカー+流通やメーカー+クリエーター+流通の取り組みで多くの成功を収める竹原氏に、開発段階から流通がチームに入って製作するその理由とメリットについて伺います!
 第二部からは、カネ定製陶㈱ 籠橋 亮介氏と、paper design works 山本 愛子氏の2名を加えてのトークセッション、参加者との意見交換会を行っていきます。
場所:岐阜メモリアルセンター本館 第一会議室
定員:30名
申込み先:㈱杉山製作所モノづくり事業部 担当 林
Fax.0575-46-7665 Tel.090-2836-3350 E-mail. misato-h@kebin.jp
facebook.“岐阜印”ページ内イベントページからお申込み
・お申し込みの際は氏名、ご所属(事務所名など)、ご住所(勤務先または自宅)、電話番号、FAX番号、メールアドレス、参加希望人数を明記の上、宛先にお間違えの無いようご注意ください。 ・参加申し込みには、予約完了の返信をさせていただきます。 ・数日経っても返信が来ない場合は、お手数ですが再度確認のご連絡をお願い致します。 ・当日の進行時間は多少の前後がございます。あらかじめご了承下さい。


◎セミナー終了レポート

セミナー

セミナー

 先日1月23日(木)岐阜メモリアルセンターで行われた㈱フォームレディ代表取締役 竹原美己氏の講演会には、メーカーやクリエイターの方はもちろんモノづくりに関心の高い様々な業界の方々にお集まりいただくことができ、流通の視点から広がる、モノづくりの新たな手法について一緒に学ぶことができました。
 講演では、まず竹原氏がこれまで関わった数々の製品ブランドについて紹介され、部品一つをつくるメーカーの作り手が何を楽しいと感じるかを判断するのはおこがましいとしながらも、地場産業の中で分業のため製品の完成形を知らないメーカー、モノづくりの効率化とコストダウンを進める中でモノを作っている楽しみがなくなりつつあるという声も聞き、ならばその作り手がもっと最後まで関わる楽しみがある製品を…と、関わる作り手の思いを大切にプロデュースされてきた経緯を語られました。
 また、事業等でデザイナーと組んだメーカーのところに、デザイナーが考えた製品の売れ残りが大量の在庫になっているのを山ほどみてきて、実はデザイナーが嫌いだった、とも。しかし永く大事に使えるものを考えようとしたとき、デザイナーが考えるものは寿命が長いということに気が付き、10年、20年たっても残るものを一緒に作ることができれば…と思われたことなどを語られました。

セミナー

セミナー

 後半は竹原氏に加え、メーカーサイドからカネ定製陶㈱ 籠橋亮介氏。クリエーターサイドからpaper design worksの山本愛子氏に登壇していただき、この3者によってまさに今度売り出される新商品「 dachi Don 」の開発秘話をトークセッションしていただき、良い点・悪い点、お互いの信頼の上で語られるお話に会場も沸きました。
? メーカー・籠橋氏は、「今まで求められて出すことはあったが、自分から提案するようなことはなかった。お互い膝をつきあわせて、最初からぶっちゃけて仕事をするという事は良いことだと思い始めることができた。」と語り、クリエーター・山本氏は「流通の方は発注の数や色など具体的なアドバイスを下さるので、安心して仕事を進めることができる。」とし、最後に竹原氏は会場に向けて、「メーカーのみなさんは謙遜しすぎ!謙遜なんかなんぼにもならへん。みんなすごい事をされているんですから、もっと自信を持ってどや!とどんどん売り込んできて下さい。」と竹原氏らしい温かい口調で話されました。
次回のセミナーもどうぞお楽しみに!


講師プロフィール

竹原美己〔株式会社フォームレディ 代表取締役〕
◆FORM LADY HP:http://formlady.co.jp
◆official web shop: http://kosepela.onlinestores.jp/formlady
1959年生まれ 大阪生まれの大阪育ち。1984年に㈱フォームレディ設立。 大阪を拠点に専門店・通販を主に問屋として卸売をしている。問屋は無用!といわれる今、「要る問屋」でありたいと、問屋というポジションにこだわり「作り手と使い手の橋渡し」の役割を担うことに専念している。関わった人の思いを大切に<モノに心を>が志し。永く大事に使えるモノを大事に扱いたいという思いと、日本文化を今の形にして残したいという思いで地場産業に心を寄せたモノ作りと販売を続けており、作り手+売り手(自ら)で開発したり、作り手+デザイナー+売り手が一緒になってのモノ作りも進めている。一方、使い手(消費者)に一番近いところで売り手の痛みも知りたいと直営店を持ち、売る事に関する情報やノウハウを蓄積している。2012毎日デザイン賞を受賞したデザイナー小泉誠氏やグッドデザイン賞を受賞している村澤一晃氏らと組み、kaico/ambai/asahinekoなどのブランドで日常的に使っていられるモノを生み出している。

籠橋 亮介 [カネ定製陶株式会社]
◆カネ定製陶株式会社HP: http://www.kanesada-seito.com
カネ定製陶㈱4代目。1975年岐阜県土岐市駄知町生まれ。愛知学院大学経営学部卒業。在学中にアメリカ・コロラド州に留学も。卒業後は名古屋市内の生活雑貨の問屋に就職。2001年生活雑貨輸入業者に転職。上海事務所勤務。2003年カネ定製陶株式会社入社。専務取締役となる。駄知陶磁器工業協同組合青年部に所属。国際陶磁器フェスティバルの実行委員なども勤める。

山本愛子[paper design works]
メーカーでのインハウスデザイナーを経て、独立。岐阜県のメーカーを中心に、商品デザインを行っている。できるだけ自然のままで手を加えすぎないのがちょうどいいを合い言葉に、素材の美しさを大切にしたデザインと、製品の背景と価値を伝えるクリエイティブ製作、販路提案を通して、地元から、世の中へ、素敵なモノを届けていく。

※講師プロフィールは開催当時の情報です。

南窯
南窯
丸直製陶所
丸直製陶所
蔵珍窯
蔵珍窯
小田陶器
マルタ工業
マルタ工業
ヤマ亮横井製陶所
ヤマ亮横井製陶所
いぶき
いぶき
カネ定製陶
カネ定製陶
山只
山只

PAGE TOP